INFORMATION -お知らせ-

「殺人者の記憶法」キム・ナムギル“ソリョンを背負い投げするシーン、気が引けた”

キム・ナムギル,


[韓国エンタメニュース]


映画「殺人者の記憶法」のキム・ナムギルがキム・ソリョンを背負い投げするシーンの秘話を明かした。
 
28日午後、ソウル メガボックス東大門でおこなわれた映画「殺人者の記憶法」マスコミ試写会に出席したキム・ナムギルは、映画の中で恋人役を演じるキム・ソリョンを背負い投げするシーンについて「あのシーンは僕も気が引けた。単純に押しのける程度だと思っていたが、監督が背負い投げを要求したのでどうしたものかと思った。でもそのシチュエーションに合っていると思い、最終的には背負い投げをすることになったのだが、ソリョンがうまく動いてくれたので一度で成功した」と話した。

ソリョン,


これに対してウォン・シニョン監督も「あのシーンは自分が危険な状況に置かれた状態で、感情もコントール出来ず判別が出来なくなってそんな行動を取ることもあると思ったが、背負い投げは僕の意見ではなく武術監督のアイディアだった」と暴露し取材陣を笑わせた。
 
「殺人者の記憶法」はベストセラー作家 キム・ヨンハの同名小説を映画化した作品で、アルツハイマー病にかかり記憶を失いつつある連続殺人犯(ソル・ギョング)が新しい殺人犯の登場によって忘れていた殺人習慣が蘇るストーリーを描いた犯罪スリラー。9月7日公開。
また、2018年1月27日より日本での公開も決定している。



韓国エンタメ総合情報サイト KOARI


一覧に戻る