INFORMATION -お知らせ-

「名不虚伝」キム・ナムギル、涙の嗚咽エンディング…“胸を締め付ける熱演”

キム・ナムギル,


[韓国エンタメニュース]


俳優キム・ナムギルが、視聴者の涙を誘った。
 
3日に放送されたtvN土日ドラマ「名不虚伝」では、ホ・イム(キム・ナムギル)の辛い過去が公開された。過去に両班からの提案を拒否し密かに奴婢たちの診療をしていたが、主人の両班によってマクゲ(ムン・ガヨン)の母は死に、自分も死の危機を辛うじて逃れていた。
 
ホ・イムはドゥチル(オ・デファン)の頼みで彼の兄を救うために治療したが、過去と同じ状況が再び繰り返され、結局は目の前で患者が殴られて死亡する姿を見せつけられた。更に、ドゥチルまで殺そうとしたため、自分は卑しい身分だと自分の口から認め、涙を流し嗚咽した。
 
単に感情を爆発させるのではなく、台詞を一言一言続けながら徐々に高まる感情を描くキム・ナムギルの熱演は、真実味溢れる表現だった。これまで胸に秘めてきた傷を自らさらけ出し命乞いをするホ・イムの姿は、視聴者を一気に引き込んだ。
 
涙でいっぱいの瞳で全身を震わせながら、仕方なしに自分を獣にも劣る存在だと認める状況と命乞いまでしなければならない悲惨なホイムの感情を表現するキム・ナムギルの熱演は、彼の深みのある演技力を見せ、目の離せないシーンを作った。
 
悲惨な状況で辛うじて命は取り留めたものの、全ての状況を見守っていたヨンギョン(キム・アジュン)を見つけたホ・イムの空虚な瞳まで、キム・ナムギルが表現したホ・イムは視聴者の心を掴み、幅広い演技スペクトルを見せ付けた。

一方、キム・ナムギルの独創的な熱演が繰り広げられる「名不虚伝」は、毎週土日夜9時より、韓国にて放送中。


写真提供:tvN


韓国エンタメ総合情報サイトKOARI

一覧に戻る